業務用モンブラン絞り器でインスタ映え!
マシンの目詰まりの原因は?

 

 

ホーム業務用モンブラン絞り機の魅力>業務用モンブラン絞り器でインスタ映え!マシンの目詰まりの原因は?

83c4d97be966bc18187ca436331a8bb8_s.jpg

業務用モンブラン絞り器で
インスタ映え!

 

 

インスタグラムなどのSNSでは、フォロワーを引き付ける個性的で魅力的な写真が数多くアップされています。食べ物の写真も多く、見た目がきれいなスイーツもインスタ映えが狙えます。中でも多彩な盛り付け方ができてクリームの曲線が美しいモンブランは、インスタ映えする写真が撮りやすいのです。

そもそもインスタ映えとは、どのような意味を持つのでしょうか。ここではインスタ映えとは何か、インスタ映えするモンブランの魅力についてご紹介します。

まずは、インスタ映えのインスタについて解説します。

◇インスタとは?
「インスタ映え」という言葉は、写真共有サービスの「Instagram(インスタグラム)」から生まれた表現です。

インスタグラムでは、インターネット上に文章、画像、動画などを投稿することができます。また、これらを見た人が自分のインスタグラムでシェア(共有)することで、さらに多くの人がその投稿を見ることになるのです。

気に入った投稿には「いいね」というよい評価をつけることができます。いいねが多くついた投稿ほど多くの人に共有される可能性があり、さらに多くの人が目にするようになるのです。

1-1.jpg

◇インスタ映えとフォトジェニックはどう違う?
インスタ映えと似ている言葉に「フォトジェニック」があります。日本ではどちらも「おしゃれな写真」の意味で使われる傾向にありますが、海外のフォトジェニックという言葉は「被写体が写真映えする」という意味で使われます。

 

例えば「彼女は写真写りがよい」という意味で「彼女はフォトジェニックだ」と表すといった具合です。インスタ映えにはフォトジェニックという意味を含めて使うことがありますが、多くは「インスタグラムでぱっと目を引くような見映え」を指すでしょう。そのため、カラフルな写真や、意外性のある写真、ポスターのようなおしゃれな構図や背景の写真、普通はなかなか行けない場所の写真など、様々なパターンで人々の興味を引くのがインスタ映えです。

 

◇どんどん膨らむインスタグラムでの影響力

インスタグラムで共有した写真がより多くの人の目に触れるようになると、投稿者の名がより多くの人へ認知されるようになります。それがインスタ映えする商品であれば多くの人からの購買に、ショップや施設であれば来店や来場につながりやすくなります。

 

このように、インスタグラムは広告に向いたSNSであるため、インスタグラムを営業活動に利用するマーケティング手法も存在しています。最近では影響力の強いインスタグラムのアカウントを持っている人が「インフルエンサー」と呼ばれて、大企業のプロモーションなどの依頼を受けることも少なくありません。

インスタ映えが狙えるスイーツといえば、モンブランは欠かせないでしょう。モンブランは見た目だけでなく、香りも楽しめるスイーツです。ここでは、モンブランの魅力をご紹介します。

◇モンブランとは?
モンブランは、クリームやスポンジの上に細い線状のマロンクリームをこんもり乗せたケーキです。

モンブランという名前の由来は、フランスとイタリアの国境にあるアルプス山脈のモンブランという山です。モンブランは「白い山」という意味を持つことから、パウダーシュガーをかけたモンブランケーキも見られます。

​​

1-2.jpg

モンブランにかかっているクリームは、巻き付けるように乗せる、一方向に往復させる、格子状に乗せるなど様々です。モンブラン絞り器を使えば、ケーキにこだわらず細い線状のクリームをこんもりと盛ることもできます。

また、パフェやフルーツに乗せるクリームをモンブランにしたり、容器もケーキ皿だけでなくグラスなどを使ったりしてもインスタ映えする写真が撮れるでしょう。

◇絞りたてのクリームなら香りも楽しめる
ケーキなどに飾られるクリームは、時間が経つとともに香りや水分が失われていきます。モンブランのマロンクリームも同様で、できるだけ絞りたてをいただくのがおすすめです。

ケーキやスイーツのお店の中には、注文を受けてからマロンクリームを飾り付けてくれるお店や、目の前でたっぷりマロンクリームを乗せてくれるお店もあります。このようなお店なら、絞りたての香り高いモンブランを堪能できるでしょう。

◇甘いものが苦手な方もおいしくいただけるモンブランも!


「モンブランはケーキだから甘い」という認識を持つ方もいらっしゃるでしょう。しかしお店によっては甘さ控えめなモンブランを楽しめるのです。食べる直前に飾り付けるお店では、栗の香りや栗本来の味を感じられるように全体の甘さを抑える、お酒に合うような甘さに調整するなどの工夫をしていることがあります。「モンブランは甘いケーキ」という先入観にとらわれずに、ぜひお試しください。

 
 
 

モンブランの魅力の一つとして挙げられるのが、クリームが描く曲線ではないでしょうか。クリームを上手に飾り付けるために便利なのが、モンブラン絞り器です。モンブラン絞り器は業務用だけでなく、一般家庭のお菓子作りなどにも使われています。

モンブラン絞り器を使っていると、クリームを絞り出す口金で目詰まりすることがあります。目詰まりしたまま使い続けると、絞り出されるクリームにムラが出てしまうのです。

では、モンブラン絞り器の口金を目詰まりさせないためには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。モンブラン絞り器や口金の大きさの選び方、クリームの固さの調整の仕方をご紹介します。

線状になったクリームの曲線が美しいモンブランですが、モンブランを絞り出す口金が目詰まりしてしまうと、きれいに描けません。ここでは、目詰まりの原因と対策を解説します。

◇モンブラン絞り器の口金が目詰まりするとどうなる?
目詰まりすると、クリームが団子状に固まってしまったり、詰まっていたものが一度に絞り出されたりします。

 

そのように絞り出されたクリームは、途切れてしまったり、つぶれてしまったりします。ひどい場合には口金ごとケーキの上に落ちてしまうこともあるかもしれません。

1-3.jpg

◇なぜモンブランの口金が目詰まりするの?
モンブラン絞り器の口金が目詰まりする原因としては、絞り出すクリームに問題があるかモンブラン絞り器に問題があるかのどちらかです。

クリームに問題がある場合は、絞り出すクリームが裏ごしされておらずダマが残っていることが考えられるでしょう。そのまま絞るとモンブラン絞り器の穴に詰まってしまいます。またクリームが柔らかすぎると、きれいに絞り出すことができずに口金の周りにたまってしまい、ダマになってしまう可能性があります。

モンブラン絞り器に問題がある場合は、口金がしっかり固定されていなかったり、口金のサイズがクリームに合っていないものを使用したりしているケースです。モンブラン絞り器の口金のサイズや穴の大きさにも気をつけましょう。

◇モンブランの美しい曲線を描くポイントは?
モンブラン絞り器を使って飾り付ける際のポイントは、クリームをテンポよく絞り出していくこと、絞り器に入れる量を欲張りすぎないことです。また、飾り付けるケーキに合わせて口金の穴の大きさを変え、モンブランの曲線の太さを合わせることも大切です。

モンブランクリームを目詰まりさせずに絞るには、柔らかすぎない固さに調整するのもポイントです。モンブランクリームと一般的にケーキで使われる生クリームとは、固さや温度などが異なるのでしょうか。

◇モンブランのクリームの柔らかさは温度にも影響される?
一般的に糖分や炭水化物、油分は温度によって柔らかさが変わります。温めるとゆるくなり、冷やすと固まるのです。

この原理から、同じモンブランクリームでも冷蔵庫に入れることで固めのクリームにすることができ、室温におくことで柔らかめのクリームにすることができます。温度をうまく使えば、モンブランクリームの固さの微調整ができるでしょう。

1-4.jpg

反面、このようなクリームの性質から考えても、モンブランに最適な固さになったら、クリームの温度が変わってしまわないうちに一気に飾り付けた方がよいでしょう。

◇モンブラン絞り器で飾るのにちょうどよい固さとは?
モンブラン絞り器の原理は、一般的なクリーム絞り器と同じです。同じ仕組みで口金だけを取り替えて使います。そのため、モンブラン絞り器でケーキにマロンクリームなどを飾る際にも、一般の生クリームと同様に生八分立ての固さが最適です。

生クリームの八分立ては、クリームをヘラなどですくい上げてクリームの上に落とした際に、しばらく形をとどめる固さです。また、泡立て器などを引き抜いた際にスッと角がクリームの上に立つ状態となります。

◇温度管理は品質管理としても重要
クリームは空気を含ませてふんわりさせています。そのため、クリーム状にする前の素材の状況よりも腐敗が早く進むのです。一般的に25℃を超えた温度では、3時間程度で腐敗が始まってしまうとされています。

モンブラン絞り器などを使って一気にモンブランを飾り付けたら、冷蔵庫などで保管しましょう。もちろん、食べる直前に飾り付ければ安全な上に、絞りたての香りも味わうことができます。

 
 
 

クリームが描く滑らかな曲線がきれいなモンブランは、数あるケーキの中でもぱっと目を引くおしゃれな写真が撮りやすく、インスタ映えを狙うのにおすすめのケーキです。甘さを抑えたモンブランや、直前にクリームを絞り出して香りの高いモンブランを楽しめるお店もあります。


モンブランクリームを自分で作る場合は、生クリームと同様の固さや温度に保ちましょう。業務用モンブラン絞り器で絞り出せば、極細クリームでのデコレーションも可能です。

Mont Decoは、絞りたてのモンブランを提供できるカフェ・飲食店向けモンブランマシンです。国産メーカー製造による精度の高さとデザインの高級感が特徴で、分解洗浄できて衛生的です。


絞り口プレートは穴直径1.0mm・1.5mm(各 穴数少なめ・多め)の計4種類が付属していますので、店舗に合わせてお選びください。

 
業務用モンブラン絞り器に関するコラム
■業務用モンブラン絞り機をお探しなら株式会社MAC
 

[会社名]
株式会社MAC(エムエーシー)

[代表取締役]
林拓也

[設立]
2011年9月7日

[住所]
〒509-7205 岐阜県恵那市長島町中野1269−406

[TEL]
0573-28-3176

[FAX]
0573-28-3150

[メール]
info@mac.enat.jp

[ウェブサイトURL]
https://www.mont-deco.com/

​ご注文方法

納期について

<ご注文方法>

公式ストアまたは、問い合わせフォームよりご連絡ください。機構部のみのご購入も可能です。

<納期について>

現在、完全受注生産にて対応しております。​ご注文後から発送まで、通常2週間の納期をいただいております。

<お急ぎの方へ>

即納可能な在庫がある場合もございます。お問い合わせください。

お支払いについて

ご注文確定後に銀行振込にてお支払いください。クレジットカード決済をご希望の場合は、オンラインストアよりご購入ください。